【家庭菜園入門】初心者にもお勧めの野菜・果物

初心者が家庭菜園を始める場合、なるべく育てやすい野菜・果物類を育てることがまず収穫までたどり着くコツです。
いきなり技術が必要なものや手入れが大変なもの様々な道具が必要なものを選らんでしまうと、失敗してしまいます。
そこで、プランターでも畑でも育てやすい野菜・果物を選びましょう。

ミニトマト(プチトマト)

家庭菜園を始めようとすると、まず思いつくのがミニトマト(プチトマト)です。
ビタミンCとカロテンが豊富で、サラダを始め様々な調理に使え、プチトマトとも呼ばれている人気の野菜です。
トマトもミニトマトも栽培方法はほぼ同様ですが、ミニトマトは収穫量も多く放任で育てられるので栽培は容易です。

プランターでも畑でも準備する道具は、
・ミニトマト(プチトマト)の苗
・土(野菜用の土orトマト用の土)
・スコップ
・水遣り道具
・種類により支柱(実が生ると重くなる為)

ピーマン

ピーマンは、ナス科の野菜で中南米原産の高温を好む野菜です。
植え付けてから長期間に渡って栽培出来、長く収穫を楽しめる野菜となっています。
私達がよく食べている緑色のピーマンは多少の苦味もありますが、種類としては赤や黄色に完熟して甘みがでるカラーピーマン、肉厚なパプリカなどもあります。

プランターでも畑でも準備する道具は、
・ピーマン(パプリカ・カラーピーマン)の苗
・土(野菜用の土orピーマン用の土)
・スコップ
・水遣り道具
・種類により支柱(実が生ると重くなる為)

ナス


ナス科ナス属の植物で、原産はインドと言われており、元々熱帯性の植物です。
暑い地域が原産ですので、発芽温度が高く、寒さに弱い性質があります。
90%以上が水分と糖質といわれるナスですが、老化防止や動脈硬化の予防、
ガンの発生を抑える成分を含んでいます。

プランターでも畑でも準備する道具は、
・ナスの苗
・土(野菜用の土など)
・スコップ
・水遣り道具
・支柱(実が生ると重くなる為)

バジル(スイートバジル)


バジルは、ハーブの一つで、この香りがするとイタリア料理を思い出します。
かなり私たちに身近なハーブとなっています。
料理する時は、トマトやにんにくとの相性も良いですね。
繁殖力が旺盛で、手間もほとんどかからず、初心者の方にもとても簡単に育てることが出来ます。

プランターでも畑でも準備する道具は、
・バジル(スイートバジル)の苗
・土(野菜用の土orハーブ用の土)
・スコップ
・水遣り道具

イチゴ


イチゴは、バラ科の植物になります。
通常、イチゴは中級者向けと言われていますが、最近では初心者でも育てやすいイチゴが売られています。
また、普通のイチゴだと春の収穫のイメージですが、四季なりイチゴという春から秋まで長期に渡って収穫出来るものもあります。
上手く育てると、一つの株から子苗が生まれ、何年も栽培する事も可能です。

プランターでも畑でも準備する道具は、
・イチゴの苗
・土(野菜用の土orイチゴ用の土)
・スコップ
・水遣り道具
・防虫防鳥ネットor袋掛け(お茶パックや水切りネットで代用可)

最後に

ここで紹介した野菜・果物類以外にもたくさん育てやすいものがあります。
特殊な野菜や果物類を除き、自分が育ててみたいものにチャレンジするのも良いでしょう。

始め方・準備編は、こちら。
初心者の為の家庭菜園の始め方
家庭菜園に適した場所と条件とは?
家庭菜園に必要な道具を揃えよう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加