家庭菜園に必要な道具を揃えよう。

今回は、家庭菜園を始めるにあたり、どういう道具が必要なのか説明します。
全てを揃える必要はありませんので、育成する作物に合わせた道具を準備しましょう。

最低限必要な道具

ベランダや庭など、どこで家庭菜園を行う場合でも必要なものは必ず揃えましょう。

スコップ

園芸用のスコップは、通常の土木作業用のスコップと違い、根を切ったり土を砕いたりしやすいように工夫が施してあります。
プランターに土を入れたり、掘り返したり、除草したりと様々な事に使用します。

灌水用具(水遣り)

一般的な灌水用具である「ジョウロ」や室内でも使用出来る「水差し」、霧状の水が出る「霧吹き」などがあります。
庭や畑の場合は、ホースリールの方が便利でしょう。
自分の菜園スタイルに合う、用途に適した ものを選びましょう。

手袋などの装備

菜園の作業をする時には、泥汚れや水濡れありますので、軍手や長靴などの装備が必要です。
また、外で作業をする事が多いので、紫外線対策を行っておいた方が良いでしょう。
服装なども土・泥汚れが付いても大丈夫なものを着る事をお勧めします。

園芸用の土

ホームセンターに行くと「培養土」「園芸用の土」などの名前で土が売っています。
これらはあらかじめ栽培用にブレンドされた土の事になります。
また、「ハーブ用の土」や「イチゴ用の土」などそれぞれ専用の土も売っていますので、栽培するものが決まっている場合には、専用の土を購入するのも良いと思います。

鉢・プランター栽培の場合に必要な道具

鉢またはプランター

鉢やプランター栽培を行う場合、もちろん必要なものになります。
素材や大きさなど様々ありますが、育てる野菜に合わせて適切なものを選びましょう。
プラスチック製のものは、サイズが豊富で軽く壊れにくい半面、水を通さない分、土が乾きにくいという点があります。
木製のものは、耐久性に劣りますが、通気性に優れています。
陶器製のものは、丈夫ですし見栄えは良いですが、通気性はあまりありません。

鉢底ネットまたは鉢底石

鉢やプランターで栽培をする場合は、必ずどちらかを底に敷いて下さい。
でないと土が漏れてしまいます。
これらを使用する意味は、排水性や通気性の確保になります。
私がよくやっているのは、鉢底炭を敷くやり方になります。
これは、排水性・通気性の他、除菌の効果も期待しての事です。

庭・畑の場合に必要な道具

シャベル

畝(うね)立てをする時や、土掘り起し、固い土を砕く時などに使用します。
また、土の中深くに埋まった根菜類を収穫する時などに利用します。
購入される場合は、スチール製よりステンレス製のものをお勧めします。
ステンレス製は軽いですし、錆びないのが良いですね。
スチール製は重いですから...

鍬(クワ)

土起こしや畝立てなど、土を耕すのに使用します。
畑で家庭菜園を行う場合、ほぼ必須の道具と言えます。
大きさや形など様々ありますので、自分が使いやすいものを選ばれるのが良いでしょう。

苦土石灰

日本の土は弱酸性の雨によって酸性寄りになっています。
暫く放置されている畑や庭の土は、特に酸性濃度が高くなっていると思われます。
作物によっては、酸性の土が適しているものもありますが、一般的には中性~アルカリ性位が良いとされています。
そこで土作りに使用するのが苦土石灰です。
土を耕し、苦土石灰を混ぜ、暫く(数日)置く事により、アルカリ性の土質に変化させる事が出来ます。
また、苦土石灰には、植物の根を丈夫にするカルシウムが多く踏まれています。
苦土石灰のマグネシウムは、葉にツヤを取り戻し、葉っぱが黄色く枯れて行くのを防ぎます。

腐葉土

上記で書いた様に暫く放置されている畑や庭の土は、栄養が少なくなっています。
土作りをする上で土に栄養を与える役割として腐葉土を使用します。
土に栄養を与える腐葉土の効果としては、「通気性」「保水性」「保肥性」を高めてくれる点にあります。
また腐葉土には、土の再利用の他、土の上に被せると防寒対策にもなります。

あったら便利&場合により必要な道具

肥料

作物の育成には、日光・風・水などが基本ですが、栄養が足りない場合もありますので、肥料を撒く事をお勧めします。
肥料には、動物の糞や枯葉などを元にして作られる「有機肥料」と化学的に作られた「化学肥料」が存在します。
ホームセンターに行くと様々な種類が売られていますので、作物に合った肥料を選びましょう。
撒く時期も作物によって違いますので、注意が必要です。

支柱

ウリ類やマメ類などのつる性の作物やトマトやナスのような実を付けて重くなってしまう作物などには、支柱で支えておくのが良いでしょう。
また、強風で枝や茎が折れてしまわないように支えるのにも役に立ちます。
支柱には、直立型・合掌型または伸縮出来るものネットが合わさったものなど様々ありますので、作物に合ったものを選びましょう。

防虫・防鳥ネット

育成する作物にもよりますが、育てていくと必ず悩まされるのが虫や鳥の被害です。
せっかく育てていた作物が食べられていた時は、かなりへこみます。
この手のネットには、防虫・防鳥対策の他、水分蒸発の保護や日当たりの制御・保温にも使用されます。

マルチングフィルム

作物の株元に設置し、保湿や雑草の抑制を目的に使用されます。
フィルムタイプの他、藁やもみがらを敷くタイプもありますので、目的に応じて使用しましょう。

剪定ばさみ

剪定ばさみとは、植物の枝や茎、葉っぱを切るときに使う園芸用のハサミのことです。
枝や茎、葉っぱを切ることで根への負担を減らしたり、実った果実を収穫したり、見栄え(樹形)を整える目的で主に使用されます。
太い枝に特化したハサミ、奥まったところでも届くように刃先が細長いハサミなど、様々な種類のはさみがありますので、用途に合わせて選びましょう。

まとめ

ざっと説明してきましたが、始める前に全てを揃える必要はありません。
必要最低限の道具以外は、色々試しながら必要に応じて準備すると良いでしょう。
先に買って、結局使わなかった、なんて事もありえます。

既に家庭にある道具で代用出来るものもありますので、参考の一つとして役立てて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加