WordPressの運営にはサーバが必要

WordPressを始めるにあたり最初に準備する必要があるのが、サーバ(この場合のサーバとはWebサービスを提供するコンピューターのこと)です。
必要な機能や選び方のポイントを書いていきます。

サーバを準備する

企業などで自前でサーバを持っている場合を除き、個人などではレンタルサーバを契約するのが一般的です。
レンタル料金は、無料のものから月に数百円~数千円程度まで様々存在します。

無料のレンタルサーバでは、「独自ドメインが使えない」「広告が表示される」などの制限などがありますので、注意が必要です。

ビジネス目的の場合には、無料のレンタルサーバは避け、有料のレンタルサーバを選択される事をお勧めします。

レンタルサーバ選びのポイント

無料・有料問わず、WordPressが動作する為に必要な条件があります。
WordPressは、サーバに結構負担が掛かります。
どうしても価格で判断し、安いサーバを選択しがちですが、価格だけで選択してしまうとサーバスペックが足りず、サイト表示が遅くなるなどの問題もあります。
その為、転送量やサーバスペックなどもよく確認し、選択した方が良いでしょう。

PHPが利用出来る事

WordPressは、PHP(プログラミング言語の一つ。特に動的なWebページを作成するのに利用されます)で構築されており、これが動作するサーバでなければなりません。
また、PHPのバージョンは、7以上が使えるサーバを選択しましょう。

古いPHP環境のサーバでもWordPress自体は、PHP5.2.4以上であれば動作はしますが、公式サポートは終了しており、セキュリティの問題もありますので、注意しましょう。

MySQLが利用出来る事

上記の通り、WordPressはPHPで構成されています。
これと共にデータを保管するデータベースが必要になる為、MySQLが動作するサーバを選択する必要があります。
MySQLにもバージョンがあり、5.6以上が使えるサーバを選択しましょう。

PHPと同じく、古いMySQL環境(5.0以上)でも動作はしますが、公式サポートの終了、セキュリティの問題がありますので、こちらも注意しましょう。

処理速度が早い事

上にも書きましたが、WordPressはサーバに負荷が掛かります。
その為、サーバスペックがなるべく良いところを選択するようにしましょう。
各レンタルサーバのサイトを見るとCPU・メモリ・PHP処理数・転送量などの確認が出来ます。

有名どころだと以下のレンタルサーバがあります。
エックスサーバー
さくらのレンタルサーバ
バリューサーバー
コアサーバー
ロリポップ!

私は、勉強がてら色々試したかったので、上記の「バリューサーバー」「コアサーバー」を運営しているGMOの「XREA」を利用しています。

インストールが楽かどうか

レンタルサーバによっては、WordPressの自動インストールや簡単な操作でインストール出来るところもあります。
例えば、上記で紹介したレンタルサーバはどれも1クリックでインストールが可能なものです。

まとめ

WordPressを始める為のレンタルサーバ選びは、
・PHPのバージョン7以上が利用可能。
・MySQLのバージョン5.6以上が利用可能。
・そこそこのサーバスペックのところ
・WordPressのインストールが楽かどうか
以上の点を注意しながら自分に合ったレンタルサーバを契約される事をお勧めします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加