「All-in-One WP Migration」を使ったWordPressサーバー移転手順

当サイトは、XREA(Pulus)で運営していたのですが、少し前にMixHostへ移転しました。

理由は色々あるのですが、主に以下の理由から移転する事にしました。
・速度的に遅く、サイト運営上問題あるのではないか?
アクセス障害が頻発してイヤになった。
サーバーの情報や問い合わせ対応が微妙。
最近Mixhostに移転している方が多く見受けられた事。
・そもそもXREAは、WordPressを使うために契約していなかった事。

そこで、Mixhostへ移転するにあたり、なるべく簡単に移転できないかを調べ、「All-in-One WP Migration」と言うプラグインを見つけました。
こちらのプラグイン、WordPressの記事やイメージなどなど様々なものを一括でエクスポートできるので、非常に便利です。

どれだけ参考になるかは分かりませんが、誰かの参考になればと思い、記録として残してみます。

スポンサーリンク

前提


・ドメインは、使用中のものをそのまま使用(バリュードメインで管理)
・旧レンタルサーバーはXREA Plus、新サーバーはmixhost(スタンダード)
・なるべく簡単に出来るように「All-in-One WP Migration」でサイト移転
・ネームサーバー変更では、hostsファイル変更などはしない

などなど、なるべく面倒な事は省いて、設定ファイルなどを手で変更するなどの事はせずに移転作業を行う頃にしました。

0.最新へのアップデート

ここから旧サーバーでの作業になります。

「All-in-One WP Migration」でのサーバー移転をスムーズに行うためにWordPressのバージョンをはじめ、テーマ・プラグインは、全て最新にアップデートしておきましょう。

移転元・移転先が同じバージョンのものを入れられるのであれば、特に問題ありませんが、スムーズに行うために、なるべく最新にしておく事をおすすめします。

1.「All-in-One WP Migration」のインストール


今回の移転の目玉であるプラグイン「All-in-One WP Migration」をインストール&有効化しておきましょう。

特に設定などもありませんので、そのままインストール&有効化で大丈夫です。

2.データのエクスポート


「All-in-One WP Migration」を使って、WordPressサイトのデータエクスポートを行っていきましょう。
オプションなどは、特にチェックを付けませんでしたが、必要であれば任意に付けて下さい。


エクスポート先は、色々選択可能ですが、今回は単純にファイルでエクスポートを行いました。

「All-in-One WP Migration」では、ファイルでエクスポートする場合、512MBまでしか対応していません。
エクスポートファイルを分割するか、画像ファイルなどが多い場合には、「メディアライブラリをエクスポートしない」にチェックを付け、画像ファイルが別途FTPなどでダウンロードしておく事をおすすめします。


エクスポートが完了するとダウンロードのメッセージが表示されますので、保存しておきましょう。

3.ネームサーバーの変更

ここからドメイン管理ページでの作業になります。

バリュードメインにログインし、「ドメインの設定操作」を選択して、ネームサーバーの変更を行っていきましょう。


管理しているドメインのメニューから「ネームサーバー」を選択し、ネームサーバー変更ページへ移動します。


今回、mixhostへの移転ですので、mixhost側のネームサーバーを指定します。
「ns1~5.value-domain.com」を「ns1~5.mixhost.jp」にします。

4.1時間~1時間半待機


ネームサーバーの変更でドメインが新サーバー側に向くまで1時間~最大72時間かかると言われています。
今回、この方法で数回試してみましたが、1時間から2時間程度で変更が完了しました。

とりあえず、ゆっくりお茶でもしておきましょう。

5.ネームサーバー変更確認


1~2時間位、お茶できたらネームサーバーの変更が反映されているか確認しましょう。

いつものドメイン名(サイトURL)でアクセスした際、「index of/」と書かれたページが表示されれば、変更されたと考えて大丈夫です。

他の変更確認が取りたい場合は、以下のURLでも確認可能です。
https://www.cman.jp/network/support/nslookup.html
http://dnscheck.jp/

あまり焦って何度も確認すると、変更に時間がかかる事もあるようなので、頻繁には行わないようにしましょう。

6.ドメイン設定

ここから新サーバー側での作業になります。


mixhostのcPanelにログインし、メニュー「ドメイン」から「アドオンドメイン」を選択しましょう。


「新しいドメイン名」:移転するサイトのURL(ドメイン)を指定
「サブドメイン」:任意のもので大丈夫です。
「ドキュメントルート」:public_htmlの配下に複数のサイトを持つ場合は、任意のフォルダ名を指定しましょう。


正常に完了すると、上記のようなメッセージが表示されます。

7.WordPressインストール


cPanelのメニュー「SOFTACULOUS APPS INSTALLER」から「WordPress」を選択しましょう。


別ページに切り替わると、WordPressのインストールページになっているはずですので、「Install Now」を選択し、インストールを開始します。


「プロトコルの選択」:「http://」や「https://」、「https://www.」などを選択します。
「ドメインの選択」:今回のドメインを選択しましょう。
「ディレクトリ」:インストールするフォルダ名を指定しましょう(上記ドキュメントルートと同じです)

「サイト名」:対象のサイト名を入力します。
「サイト説明」:任意の説明で大丈夫です。


「Admin Username」:WordPress管理画面に入るためのユーザ名を指定します。
「Admin Password」:WordPress管理画面に入るためのパスワードを指定します。「Bad」「Good」「Strong」などの表示を目安に設定しましょう。
「管理者Eメール」:管理者のメールアドレスを指定します。

「言語の選択」:Japaneseで問題ないですが、日本語以外が良い方は任意に変更をどうぞ。

「アドバンスドオプション」メニューを展開し、データベースの設定を行います。
「データベース名」:初期値を付けられていますが、自分が分かり易い名前に変更して大丈夫です。
「テーブル・プレフィックス」:こちらも初期値でも任意に変更しても大丈夫です。
「Backup Location」:バックアップの場所を指定しますが、Defaultで大丈夫です。
「自動バックアップ」:バックアップの有無や1日1回、1週間に1回などを選択します。
「バックアップ・ローテーション」:バックアップを行う場合、どの位取っておくかを指定します。
例:自動バックアップを「1回/日」にした場合、バックアップ・ローテーションを「7」にすると、1週間分毎日の分を保持してくれて、1週間経つと古いバックアップから削除されます。


設定が終わったら、「インストール」ボタンを押してWordPressのインストールを開始しましょう。


完了すると、「正常にインストールされました」のメッセージが表示されているページに遷移します。

8.SSLの確認


cPanelのメニュー「セキュリティ」から「SSL/TLS」を選択しましょう。


遷移したページの一番下、「サイトのSSLのインストールおよび管理(HTTPS)」をクリックし、管理ページに遷移します。


下部の「インストール済みSSL Webサイトの管理」に設定した情報が表示されていますので、緑のカギマークが表示されている事を確認しましょう。

時間的にまだ表示されていない場合もあります。

赤いカギマークの場合は、証明書の更新や再インストールを行った方が良いかもしれませんので、設定を行っておきましょう。

9.エクスポートしたファイルをインポート


まず、新しい管理画面に入りましょう。


旧サーバーでエクスポートした時と同じく、WordPress自体は最新の状態にしておきましょう。


次に、プラグイン「All-in-One WP Migration」をインストール&有効化します。


やり方は、旧サーバーと同じです。


無事「All-in-One WP Migration」が導入できたら、左側メニューから「インポート」を選択します。


エクスポートしたファイルをドラッグ&ドロップまたは、中央の「インポート元」から選択ダイアログを表示させ、エクスポートファイルの選択を行います。


インポートが行われている時、下記メッセージが表示される場合がありますが、「PROCEED」を選択で問題ありません。


正常にインポートが完了すると、メッセージが表示されますので、「CLOSE」ボタンを押して、終了させます。

10.パーマリンク設定の保存


無事データのインポートが完了したら、色々サイトの確認をしたいところですが、まずパーマリンクの更新を行います。

WordPress管理ページの左側メニュー「パーマリンク設定」をクリックします。


特に変更する内容はありませんので、下の「変更を保存」ボタンを押します。

最後に

ここまで駆け足で説明していきましたが、参考になれば幸いです。

サーバー移転の方法は色々ありますが、初心者の方やWordPress・ITに詳しくない方からすると、難易度が高い作業になってしまいます。
プラグイン「All-in-One WP Migration」を使う事により、かなり難易度を落とす事ができますので、移転を考えている方には良い方法の一つかもしれません。

次回、後編として、新サーバーに移転してから行った移転後の設定や後始末、注意点などを書きたいと思います。

にほんブログ村 IT技術ブログへ