【2017年7月28日】「とんかつは飲み物。」池袋にオープン!

少し前から、あまりに衝撃的な店名でネット上で話題になっていた、とんかつ専門店「とんかつは飲み物。」、本日(2017年7月28日)に池袋にオープンしました。
「カレーは飲み物。」と言うカレー専門店を経営する会社がオープンさせた姉妹店舗になります。

ネット上では、「カレーは飲み物はわかるけど、とんかつは飲み物...?」「とんかつは飲み物は言い過ぎでは...」との声も出ています。
カレーが飲み物かどうかも、個人的には微妙なところ(笑)ですが、言葉としては結構定着しているんですかね。

私の知人にも10年以上前から「カレーは飲み物だ!」と断言し、本当に飲むように食べる人がいますが、「カレーは飲み物。」という店舗ができて、さらにその上を行く名前のお店ができるとは、思いませんでした。

当サイトは、IT・科学系を中心に記事を書いていますが、今回はあまりに面白そうな話題でしたので、色々調べてみました。

「とんかつは飲み物。」のお店情報

店舗名「とんかつは飲み物。」
運営会社日本カレーライフ協会株式会社
設立:2016年5月26日
店舗オープン日2017年7月28日
店舗住所東京都豊島区池袋2-53-11
GoogleMap
営業時間11時~16時
17時30分~22時
(オープン後3日間のみ11時30分/18時オープン)
定休日年中無休
(2017年7月31日のみ休み)
関連店舗「カレーは飲み物。」
池袋店、池袋北口店、秋葉原店、御徒町店、ニュー新橋ビル店、甲府昭和通り店

「とんかつは飲み物。」のメニューとおすすめは?

メニュー名価格備考
淡麗とんかつ定食790円あっさり味。
アブラの少ない噛み応え十分な赤身のヒレ下部分のロース肉を使用。
濃厚とんかつ定食890円こってり味。
柔らかく口溶けの良いアブラと旨味のある赤身のバランスの良い肩ロースを使用。
淡麗とんかつとサーロイン牛カツのハーフセット1,140円
漢のミルフィーユ定食1,940円
ご飯・小(120g)
・中(200g)
・大(300g)
・山(400g)
4種類から選択。
価格はどれでも変わらず。
惣菜(定食に付属)1.しっとり卯の花(大桃豆腐さんのおから使用)
2.切干大根の煮込み
3.シビれる麻辣春雨
4.サッパリわかめ酢の物
5.卵入りポテトサラダ
6.ひじきの煮物
7.きゅうりの浅漬け
8.生卵(TKG用)
9.山形だしの豆腐
10.もやしナムル
この中から3点を選択。

メニューは、以上4種類になります。
オープン3日間(7月28日、29日、30日)は、「淡麗とんかつ定食」と「濃厚とんかつ定食」が500円で食べる事ができます。

ご飯とキャベツは、おかわり自由との事で、たくさん食べる人には良いですね。
個人的には、「淡麗とんかつとサーロイン牛カツのハーフセット」が気になります。

お持ち帰りもできるそうなので、お近くにお住まいの方、お店がいっぱいの場合は、持ち帰りの方が良いかもしれませんね。

なぜこの店舗名なのか?

運営会社の「日本カレーライフ協会株式会社」は、以下のようにコメントしています。

「カレーは飲み物。」同様、「おいしいとんかつを1000円以下でお腹いっぱい食べてもらいたい」という想いからこの店名にしました。
基本コンセプトは同じで、今後もデイリーで使っていただける『飲み物シリーズ』を作り続けていきます。

「カレーは飲み物」と言う言葉自体は、昔人気を博したお笑い番組「俺たちひょうきん族」から生まれた名言で、カレーへの愛を表現する最高の言葉となっています。

ただ、「とんかつは飲み物。」では、理想は「町のとんかつ屋さん」を目指しているそうです。

高級とんかつがもてはやされ行列ができる昨今、我々は1000円でお釣りがきてお腹いっぱいになった町の大衆とんかつ屋さんが大好きでした。
巷の声に耳を傾けると、牛カツはもう飽きたし、やっぱり値段が高い!かと言ってもてはやされている高級とんかつはさらに高い!
やっぱり1000円以内でおいしくてお腹いっぱいになる町のとんかつ屋さんが理想的 と考え開店を決意しました。

ターゲットとしている人々は、「よく食べる人」と「まぁまぁよく食べる人」、「家で揚げ物を嫌うF2層(35~49歳)の主婦」だと言います。

グルマンが好む様なハイエンドなとんかつは出しません。
ふつうに美味しく手頃な価格のとんかつを目指します。
とんかつ通の方ではなくとんかつ好きの方に食べ頂きたいです。

との事なので、店名はさておき、本当に普通にとんかつが好きな方に向けて、「町のとんかつ屋さん」を目指しているようです。

最後に

「カレーは飲み物」派の人もいるかと思えば、「飲み物は牛丼までじゃないのか...」と言う人もいるようですね。
どうしても「カレー」はまだしも、「牛丼」も「とんかつ」も飲み物と認識できないのは、私だけでしょうか(笑)

衝撃的な名前のお店ですが、オープンしてから暫くは混雑・行列が出来る事が予想されます。
もし行ってみたい方は、30分~1時間前にはお店に着くようにした方が良いかもしれません。
池袋駅から徒歩5分程度の場所にあるので、都内および近郊の方は行きやすい場所ですね。

私も行ってみたいところですが、混雑で疲れてしまいそうなので、少し落ち着いてから行こうかと考えています(笑)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加