独自ドメインの取得をお勧めします

WordPressを始めるにあたり、SEO的な観点や安定した運営を考えた場合、独自ドメインの取得をお勧めします。

ドメインとは?

ドメインは、WebサイトのURLやメールアドレスの一部として使われている文字列です。
インターネット上で自分のサイトがどこにあるのかという住所を示す役割をします。
例えば、当サイトのURLは「https://r-notebook.jp/」ですが、「r-notebook.jp」という部分がドメインにあたります。
取得すると世界に一つしかない、自分専用のドメインになります。

希望するドメインが既に取得されている事もある為、必ず希望するドメインが取れるとは限りません。

維持費として、年間数百円~数千円掛かりますが、利用価値はかなり高いと思います。

独自ドメインを取得する理由

無料ブログサービスの場合、自動的にサブドメインを付与される為、自身でドメインを取得する必要はありません。

別途、独自ドメインを登録している方は、独自ドメインを登録出来るブログサービスもあります。

WordPressの場合、ドメインは自動付与されない為、独自ドメインを取得する必要があります。

必ず独自ドメインが必要かどうか?

独自ドメインを取得しなくてもWordPressの運用は可能(レンタルサーバによります)です。
ただし、契約しているレンタルサーバが使えなくなってしまった場合や違うレンタルサーバに乗り換えたい場合、独自ドメインを設定していないとレンタルサーバから提供されるサブドメインは使えなくなります。
独自ドメインを取得している場合、違うレンタルサーバに乗り換えた場合でもそちらで独自ドメインを使用すれば、WebサイトのURLが変わる事はありません。

SEO的にも有利

SEO的にもレンタルサーバから提供される暗号のようなURLよりもサイト内容に合った独自ドメインの方が良いでしょう。
インデックス(GoogleやYahooなどの検索結果に表示される事)速度が上昇したり、検索結果で上位表示されやすくなったりします。

どこで独自ドメインを取得するのか?

独自ドメインを取得するには、色々方法がありますが、
■ドメイン取るならお名前.com■
ムームードメイン
この辺りが有名です。
この他、契約しているレンタルサーバのサイトから取得出来るところもあります。
それぞれ、希望するドメイン名によっては、キャンペーンを行っている場合もありますので、費用を抑えたい場合は、安い方を選択された方が良いでしょう。

ドメイン取得の際のポイント・注意点

独自ドメインを取得する際には、いくつか注意する事があります。
それは、ドメインの種類と個人情報の保護です。

ドメインの種類

数あるWebサイトには、「.jp」「.com」「.net」「.org」「.biz」など様々なドメインがあります。
維持費の安さや希望しているドメイン名が取れない場合(「abc.com」が取れないので「abc.biz」にする)などで決めるのはお勧めしません。
ドメインには、それぞれ用途や意味があり、取得する条件やメリット・デメリットがあります。

一例としては、以下の通りです。

ドメイン利用区分
.com商業組織用
.netネットワークサービス関係
.org非営利組織用
.bizビジネス用

この他、有名な「.jp」ドメインは、国コードトップレベルドメインと呼ばれます。
この「jp」ドメインのサブレベルドメイン(属性型ドメイン)としては、以下の通りです。

サブレベルドメイン利用可能区分
.co.jp日本国内で登記を行っている会社・企業が登録可能
.or.jp特定の法人組織が登録可能(財団法人や医療法人など)
.ac.jp学校教育法などの規定による学校が登録可能
.go.jp日本国の政府機関、各省庁が管轄する研究所、特殊法人(特殊会社を除く)が登録可能

個人情報の保護

独自ドメインを取得する場合、名前・住所など個人を特定できる情報を入力する必要があります。
Whois」というサービスで登録情報が公開される為、自分でドメインを登録すると、個人情報を世界に公開する事になります。

では、どうすれば良いかというと以下の方法で登録する事が出来ます。
1.登録代行業者を利用して登録 ⇒ 登録情報は、代行業者の情報になります。
2.「登録者名」「Registrant」を取得するドメイン名にする ⇒ 登録情報は、ドメイン名になります。

最後に

WordPressを始める場合、独自ドメインの取得に当記事の注意点が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加