【58年の歴史で初】プラレールにホームドアが付いた駅セット発売

タカラトミーは、2017年6月26日(月)、「プラレール」の新商品として、ホームドアを備えた駅「今日からぼくが駅長さん! ガチャッと! アクションステーション」を2017年7月13日(木)に発売すると発表しました。

希望小売価格は、7,500円(税抜き)で対象年齢は3歳以上となっています。

プラレールにも安全化の波が

タカラトミーによると、実際の鉄道の駅でホームドアの設置率が年々上昇し、安全装置としての注目度も高まってきている事から、今回58年の歴史上初めて、ホームドアが設置してある駅を発売するとの事です。

商品はどんな感じなのか

プラレールシリーズのレールや車両と合わせて遊べる、駅型の商品になっているようです。
都会の大型駅をイメージしており、1番線から3番線までの路線・ホームと、ダイキャスト製ミニカー「トミカ」でも遊べる駅前ロータリーもセットになっています。

最大の特徴は、プラレール商品として初めてホームドアを設置した事。
1番線のホームドアは、本物の電車と同様に、停車・発車に合わせて自動で開閉する仕組みになっています。
開閉時にはサウンドも連動し、効果音が流れる。3番線のホームドアは手動で開閉可能となっています。

レバー操作によって、駅に到着した車両の停車・発車を自由にコントロール可能です。
レバーを引くと電車の加速音が発生し、運転士になったような気分が味わえるといいます。

発車メロディや構内アナウンスなど、40種類のサウンドも収録されており、ボタン操作によって発生するほか、停車・発車・通過などの電車の動きとも連動しています。
アナウンスは「まもなく3番線に新幹線がまいります」、「在来線をご利用の方は、1・2番線ホームへお乗り換えください」、「駆け込み乗車はおやめください」など普段聞くようなアナウンスが流れます。

AR機能も搭載

専用のスマートフォンアプリをダウンロードし連動させ、スマホ越しに駅を見ると、駅構内を行き交う利用客の様子が楽しめるAR(拡張現実)機能が利用できます。

ランダムで出現するAR上の人物(プラキッズ)をタッチすると、様々なセリフが表示されます。
アプリ上で自分の顔写真などを撮影すると、自分の顔をした登場人物を出現させる事も可能となっています。
自分がプラレールの世界の一員になった体験ができるのも面白いですね。

最後に

商品の本体サイズは幅505×455×145mm(幅×奥行き×高さ)。
電源は別売の単3アルカリ電池2本を使用して動かします。

私も甥っ子が電車&プラレールが好きなので、興味がありますが、まだ甥っ子は3歳に到達しておらず、渡そうもんならすぐ破壊しそうで渡せません(笑)
もう少し大きくなったらプレゼントしようと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加