【IP分散】レンタルサーバー「TICServer」の特徴と評判

【IP分散サーバーTICServer】は、セブンアーチザン合同会社が運営するIP分散のできるレンタルサーバーです。

50~1,000までのCクラスのIPアドレス分散を検討している方には最適なサービスになっています。

CクラスのIP分散とは、「111.222.333.444」で構成されるIPアドレスの「333」の部分から異なる数値にする事です。

価格としても1IP/100円から利用できて、リーズナブルとなっており、もちろんWordPressも利用可能です。

今回は、サテライトサイト作成などに最適なCクラスIP分散レンタルサーバー「TICServer」の特徴と評判を書いていきます。

「TICServer」のプランなど

プラン名マルチドメインプラン
50IP分散
マルチドメインプラン
100IP分散
マルチドメインプラン
200IP分散
マルチドメインプラン
300IP分散
マルチドメインプラン
400IP分散
マルチドメインプラン
500IP分散
初期費用------
月額料金16,200円
(税込)
27,000円
(税込)
43,200円
(税込)
64,800円
(税込)
86,400円
(税込)
108,000円
(税込)
容量50GB100GB200GB300GB400GB500GB
転送量実質無制限実質無制限実質無制限実質無制限実質無制限実質無制限
PHP利用可利用可利用可利用可利用可利用可
MySQL利用可利用可利用可利用可利用可利用可
CGI
WordPress自動インストール自動インストール自動インストール自動インストール自動インストール自動インストール
マルチドメイン無制限無制限無制限無制限無制限無制限
メール無制限無制限無制限無制限無制限無制限

「TICServer」の特徴

1ドメイン1サーバーより低価格

複数のサイトやサテライトサイトを普通に持とうとすると、各社のレンタルサーバーを契約する必要がありますが、CクラスIP分散が可能なレンタルサーバーであれば、一つのレンタルサーバーの契約で済みます。

最低価格として、1IP/100円で利用できるため、50個や100個など多くのサテライトサイトを運営する方には、最適なレンタルサーバーです。

複数サイトを一つのコントロールパネルで管理

複数のサイトをそれぞれの管理画面・コントロールパネルで運用すると、あれもこれもと管理が大変になってしまいます。

TICServerでは、一つのコントロールパネルで複数サイトの設定が可能なので、手間が少なくなります。

ID・パスワードの管理が楽

複数サイトで複数のID・パスワードを管理するのは、大変です。
一つのレンタルサーバーで契約できれば、管理の手間も省けるため、楽になります。

メリット・デメリット

メリット1.CクラスのIP分散

TICServerの最大の売りですが、サテライトサイトを複数運用したい方には、CクラスのIPアドレス分散が可能なサーバーは、運用に最適です。

50個から1,000個までのIP分散が可能なため、多くのサイトを運用される方は検討してみても良いかもしれません。

メリット2.月間転送量無制限

サーバーの許す限り、TICServerでは、月間転送量が実質無制限で利用可能です。
多くのアクセス数が見込める方には良いのではないでしょうか。

デメリット1.通常サイトの運営には不向き

当たり前と言えば当たり前ですが、通常のサイト運営をするのに検討するレンタルサーバーではありません。
SEOの被リンク対策のためのレンタルサーバーのため、初心者向きではありません。

デメリット2.サポートが遅い場合がある

サポートは休日でも原則3時間以内で返信、と書かれていますが、ネット上の評判では、数日放置されていたなどの話もあり、注意が必要です。

口コミ・評判

SEO対策・サテライトサイト運用をメインとしているためか、多くの口コミは見られませんでした。
見つかり次第、掲載していきます。

最後に

TICServerは、CクラスIP分散を行ってサテライトサイトを複数運営したい方には、相当すぐれた格安レンタルサーバーとなっています。
これから被リンク対策を行う人はもちろん、リスク回避をしたい方にもおすすめできます。

法人・個人問わず、利用できるレンタルサーバーとなっていますので、IP分散を検討している方は、是非確認してみて下さい。

50~1000までクラスCIP分散が可能!【TICサーバー】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加