【家庭菜園】秋から育てる野菜や果物5選!育てやすい野菜とは?

実りの秋ですね。
最近は、暑かったり寒かったりよく分からない気温になっていますが、風邪など引いていませんでしょうか。
秋はたくさんの野菜が旬を迎え、夏野菜とは一味違った感じを楽しめます。

家庭菜園をやられている方は、収穫が楽しい時期ですが、秋から始められる野菜や果物は、何があるのでしょうか。
なるべく簡単に初心者の方でも育てやすい野菜・果物などを紹介していきます。

秋から始める家庭菜園のメリット

家庭菜園と言うと、春や夏のイメージが強いのですが、秋や冬からでも始めるメリットはあります。

日差しがそこまで強くなく、涼しい気候の中で気持ち良く作業ができる。
春や夏に比べ、虫が少ないので、野菜作りが成功しやすい。
■ホウレンソウなどの葉物野菜は、秋冬の方が甘みが増して美味しくなる。

秋植えおススメの野菜

やってみたい方は、種まきから始めてみるのも良いかもしれません。
発芽の条件などもそれぞれありますので、注意しましょう。

ホームセンターなどに行くと、ある程度の苗で売られていますので、初心者の方は苗を買ってプランターなどに植えると簡単です。

レタス


おすすめは、リーフレタスや玉レタスです。
サラダなどに少しあると良いですよね。

レタスは、涼しい気候を好み、低温に強い野菜です。
植える時期は、8月後半から9月中になります。
収穫は、10月から11月です。

リーフレタスは、外葉から必要な分を摘んでいくと、長く収穫を楽しめます。
玉レタスは、収穫までがリーフレタスより長いので、追肥を行うようにしましょう。

カブ


カブは、冷涼な気候を好み、寒さがあると甘みが増えていきます。
育成期間も短く、初心者の方にはおすすめできます。
小さいカブの場合であれば、プランターで簡単に栽培できます。
少ないスペースで育てられるのは、良いですね。

カブは、ビタミン(AやC)を多く含み、白い部分だけではなく葉の部分も食べられます。

植える時期は、9月から10月初旬位に植えた方が良いです。
収穫は、11月以降にできます。

ホウレンソウ


ホウレンソウは、栄養豊富な良い野菜ですね。
家庭菜園でも人気の高い野菜です。

育成のための適温は、10~20度位となり、涼しい気温が良いようです。
多少の日陰でも育ちますので、プランター栽培でもOKです。

植える時期は、9月中旬から10月で、収穫時期は1~2か月後の11月下旬から1月頃になります。

秋植えおススメのハーブ

イタリアンパセリ


イタリアンパセリは、見た目も良いので、ベランダや庭のちょっとしたオシャレに良いかもしれません。
パセリの仲間ではありますが、日本のパセリとは違い、パサパサした食感はありません。
栄養価も日本のパセリとほぼ同じ位高いハーブです。

プランターやキッチンの少しのスペースでも育てられますし、水だけちゃんとあげていれば、しっかり育ちますので、初心者の方にも最適です。

植える時期は、9月中旬から10月位が良いので、今の時期がピッタリですね。

秋植えおススメの果物

イチゴ


秋になると、ホームセンターなどにイチゴの苗が販売され始めます。
色々な品種もあり、初心者にも育てやすい果物の一つです。

植える時期は、8月下旬から10月中旬位で、品種によりますが、数ヶ月から半年位で収穫できます。

プランターでも充分育成可能ですが、品種によっては大きく育つものもありますので、大き目のプランターや庭先の畑などの方が良いかもしれません。
実が付くと、鳥に狙われますので、実にネットをかける事をおすすめします。
(実が付いた先から、鳥がついばみに来て、全滅させかけた事もあります)

初めて植える方は、病気に強い育ちやすい品種を選んだ方が良いですよ。

最後に

秋植えの野菜や果物は、他にも色々ありますが、初めての方や慣れていない方には難しいものも多いため、種や苗を買う時は育てやすさを目安にすると良いでしょう。
近年の家庭菜園ブームもあり、対象の野菜や果物専用に配合された土や肥料なども売られていますし、病気に強い育てやすい品種もありますので、ホームセンターの売り場などに書いてある注意書きをよく読むようにしましょう。

ハーブや果物は、観賞用にもなりますので、ガーデニングの一つとして育てても面白いかもしれません。
もちろん、せっかくなので育てたら食べてみましょう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加