プログラミングを学習する方法

今までプログラムを書いた事がない人にとっては、プログラミングの勉強を始めようと思っても、何から手を付けて良いか迷うと思います。
書籍を購入して勉強するのか、講座などに通うのか、様々な方法がありますが、それぞれ長所・短所がありますので、自分に合った方法を見つけるのが一番です。

プログラミングとは?

プログラミングとは何でしょうか?

コンピュータのプログラミング(英: programming)とは、コンピュータプログラムを作成することにより、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。
※wikipediaより引用

wikipediaには、こう書いてあります。
要は、「コンピュータ(PCやスマホなど)に作業指示を出す為に書くToDoリスト」と言ったところでしょうか。

しかし、コンピュータは機械ですので、人間の言葉は解りません。
そこでコンピュータが理解出来る言葉=プログラミング言語で指示を書く必要があります。
世の中にある結構な数の家電製品などの機器にもプログラミングを行う事で色々な行動が出来ています。

プログラミング言語?

2017年現在、プログラミング言語は200種類以上あると言われています。
もちろん、この中には過去使われていたものなども含まれていますので、実際には、この5分の1程度と言われています。

人気のプログラミング言語としては、以下の通りです。

 100 Most Popular Programming Languages Of 2017HRog
1位JavaJava
2位CPHP
3位C++JavaScript
4位C#C#
5位PythonC++
6位Visual Basic .NETRuby
7位PHPVisual Basic .NET
8位JavaScriptObjective-C
9位Delphi/Object PascalPerl
10位SwiftPython

2016~2017年に集計された一部のランキング内容になります。

この中で主要なプログラミング言語の紹介をいくつか。

Java

Java
「Java」は、Google三大言語のひとつで、コンピュータのOSに依存しない汎用性の高い言語です。
身近な所だと、Androidアプリを開発するのに使用されています。

C/C++

C/C++
C言語は、システムソフトウェアの共通言語として、しばしば使用されています。
「C++」は、C言語の拡張版として開発されました。Google三大言語のひとつです。
機器への組み込みやゲームなどに使用されています。

JavaScript

JavaScript
JavaScriptは、主にWebブラウザ上で動作します。
名前が似ていますが、「Java」とは別言語になります。

Visual Basic .NET

VB.NET
Visual Basic .NETは、プログラミング初心者にも解りやすい言語とも言えます。
主にIT教育を行ったり・業務系のシステムを開発するのに使われています。
また、MicrosoftOfficeのExcelやWordに付属するVBAと言う似た言語があります。

C#

C#
C#は、Visual Basic .NETと同じく、Microsoftの.NET Frameworkで動作する言語です。
CやC++と似た文法などがあります。
業務系のシステム開発やWebシステム開発、ゲームの開発などに使用されています。

Ruby

Ruby
日本産のプログラミング言語で、今は世界中で使用されています。
開発を面白く、かつ効率的にする為に開発された言語になります。
最近、Rubyを採用しているところが増えてきたように思えます。

PHP

PHP
PHPは、多くのWEBサービス(特に日本)で利用されている言語です。
WordPressもPHPで開発されています。

Perl

Perl
Perlは、正規表現などの強力なテキスト処理が可能な言語です。
主にWebサイト開発で使用されています。

Python

Python
Pythonは、機械学習や解析などによく使われている言語です。
Google三大言語のひとつです。
こちらもまた初心者にお勧め出来る言語の一つです。

Swift

Swift
Swiftは、Appleから2014年に発表された新しいプログラミング言語です。
Apple製品の開発には、元々「Objective-C」という言語が使用されていましたが、徐々にSwiftに切り替わっていっています。

プログラミング学習方法4選+1選

書籍活用

まず思いつくのが、書籍の活用です。
今は書店に行けば、IT関連・プログラミングの本は色々置いてあります。
繰り返し、すぐ確認出来る辞書的なツールとしては、有効ではないでしょうか。
ただし、年月が経ってしまうと情報が古くなるという問題もあります。

Webサイト活用

昨今、様々なプログラミング関連のWebサイトが存在します。
最新の情報がすぐ手に入り、サンプルコードなども乗っているものもありますので、それらを参考に試してみるのも良いと思います。
少し前からは、オンライン学習サイトや競技プログラミングサイトなども複数ありますので、活用してみては如何でしょうか。

セミナー・講座を受ける

セミナー・講座・スクール・勉強会などなど、色々参加出来るものがありますので、これらに参加するのも一つの手です。
やはり、知っている人から教えてもらい、その場で質問が出来るのは大きいでしょう。

ゲームやアプリで学ぶ

書籍やWebサイト、セミナーなどではイメージが湧かないは、プログラミングが学べるゲームやアプリが存在していますので、そこで実際に手を動かしながら学んでいくのも良いでしょう。
初心者がプログラミングを学ぶ為の入口としては、中々良い方法だと思います。

とにかく試してみる

+1選として、とにかく試してみる事をお勧めします。
もちろん、人によりけりですが、書籍やWebサイト・セミナーより、まず手を動かし試してみた方が良い方もいらっしゃいます。
プログラミングを試せる環境は、無料で自分のPCまたはオンラインで設置出来ます。
正解のみを勉強していくのではなく、試行錯誤も学習の一つです。

最後に

色々紹介してきましたが、人によって最適な学習方法がありますので、最初に書いた通り、自分に合った方法を選択される事が良いかと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加